車を所有するには

車を所有するためには、いくつか必要なものがあります。
初めて車を所有するという人や、買い替えを検討している人は、このページを参考にしてみてください。

 

車を所有するためには、人によって必要になるものが変わってきますが、以下のものが必要になります。

 

運転免許証

・車を私有地内でしか運転しない場合は不要。
・通常、教習所に通った後、免許センターで取得できます。

 

車を停める土地とその証明(車庫証明)

・警察署や交番に申請し、数日後に発行可能となります。
・軽自動車であれば、証明が不要な地域もあります。

 

実印と印鑑証明

・普通車を購入する際に必要ないくつかの書類に実印が必要になります。軽自動車なら実印と印鑑証明は不要ですが、通常の認め印は必要になります。
・実印は役所に登録したもので、役所で発行できる印鑑証明も合わせて必要になります。

 

住民票もしくは住所証明書

・軽自動車を購入する際に必要になります。普通車の場合は不要です。

 

任意保険への加入

・車を所有して事故を起こした場合、膨大な費用が必要になる場合があるので、それに備えます。強制加入ではありませんが、人生が終わってしまうこともありますので必ず加入することをお勧めします。

 

銀行口座と銀行印

・車をローンで購入する際や、上記、任意保険に加入し口座引き落としにする場合は必要になります。
・車を一括購入、保険も一括で支払う場合には必要ありません。

 

購入、維持資金

・車を買う時に必要な費用
・車を維持するために必要な費用